太古の記憶Ver.3.0CDの効果的な聴き方

 

 

 

 

 

 

平成29年1月、「太古の記憶Ver.3.0.」(音楽CD)を発売以来、

 

想像以上にたくさんの方に購入いただき、その反響の多さに驚いています。

 

購入者の紹介も多く出ています。

 

何かサービスや販売をしている方には、 新しい人脈作りの起爆剤になったり、

 

サロンや教室をされている方には、 お客様の導入の糸口になりやすいと評判です。

 

 

 

【ご使用に関して】

 

 

一番いい聴き方は、

 

1日10分~15分、 ヘッドホンでお聴き下さい

 

あとは、室内で聞き流しをして下さい。

 

不思議なのですが、 室内の“気”が心地良くなるようです。

 

 

 

 

ヘッドホンは、なるべく質の良いヘッドホンで聴くのが理想的です。

 

「太古の記憶Ver.3.0.」には、可聴範囲以外の(人間には聞こえない)音が入っています。

 

 

それらのある特定周波数が体に良いのですが、再生する機器によっては、

 

大切な周波数が物理的にカットされてしまう場合があります。

 

 

カットされているかどうかは人間の耳ではなかなか分かりにくいですが、

 

再生周波数帯域というのがそれぞれの機器によって違います。

 

その範囲が狭いと、可聴範囲以外の音が出力されず

 

十分な効果を発揮できない可能性がありますが、

 

 

広いものですと、聴いた時、臨場感があり、

 

直ぐそばで小川が流れているように聞こえたり、

 

体に直接響いてくるような感動が味わえます。

 

 

 

そこで弊社がお勧めしているヘッドホンは

 

パイオニア SE-M531

 

というヘッドホンです。

 

 

再生周波数帯域が広いので、

 

「太古の記憶Ver.3.0.」の効果が

 

十分に期待できます。

 

 

コードも3.5mと長く、

 

付属プラグも付いていますので、安心です。

 

 

 

※インターネット等で2,000円~3,000円位でご購入できます。

  価格比較サイト等で検索してみて下さい。

 

 

 

 

 

 

◇より効果的な聴き方、方法をご説明致します。

 

 

 

1.素直に聴くと効果が高いです。

 

 

 太古の記憶CD Ver.3.0を聴くと 瞬時にパワーが蘇るように感じます。

 

これはCDから出る特殊な波動が 全身の細胞に影響を与えているからです。

 

 

元々体内にある周波数帯域と同じ波長を持つテラヘルツ有効波を聴くと、

 

遠赤外線に非常に近い周波数帯なので、

 

血管や赤血球に作用し、体や脳の調子が良くなったように感じ、

 

今よりキレのいい状態を実感します。

 

 

 

 

2.身体の痛い所がある人は、

 

  ヘッドホンを痛い部分に当てていると

 

  痛みが和らぐように感じます。

 

 

 

 

3. 絶対にコピーしないでください。

 

 

これは著作権云々という低いレベルの話ではありません。

 

この太古の記憶CD Ver.3.0は普通のCDではありません。

 

現在の最先端の物理技術を使って作ったCDです。

 

このCDは、コピーしても無意味で何の力も出ません。

 

また、低周波の倍音手法による特定周波数は、

 

コピーをすることで

  

周波数のピークがずれる恐れがあります。

 

これは無意味どころか体に悪影響を与える場合があります。

 

 

 

永久波動ですので、丁寧に使えば長く使えるCDです。

 

大切に、有効にご使用下さい。