テラヘルツ

 

-体にいい有効波が見つかった-

 

 

 

  

 

 

 

実は、人間の体は発光体です。

 

赤ちゃんを見ると気持ち良くなりますね。

 

 

赤ちゃんから発している電磁波の波長が

 

こちらを気持ち良くさせています。

 

 

 

 

 

昔からどこか体が痛かったり悪かったりすると、

 

手かざしと呼ばれている手を患部に当てる行為をします。

 

 

 

誰がやっても手のひらから温かい熱を感じます。

 

昔は赤外線と呼んでいました。

 

 

 

 

 

 

冒頭の“体にいい有効波が見つかった”とは、

 

NASAが最初に発見しました。

 

 

 

 

過酷な条件下の宇宙船内で、

 

人が生存する為の必要な要素を調べたのです。

 

 

 

その後、日本も含めてこの周波数帯域、波長を

 

研究してきました。

 

それがテラヘルツと呼ばれる電磁波です。

 

 

 

 

 

 

現在は体に良い(元々人体が持っている)

 

テラヘルツの周波数帯域が特定されました。

 

 

 

テラヘルツとは周波数の単位の呼び名ですが、

 

1kHzは1秒間に振動数1000回を意味します。

 

その1000倍の1MHzは1秒間に100万回を意味します。

 

その1000倍の1GHzは1秒間に10億回を意味します。

 

その1000倍の1THzは1秒間に1兆回を意味します。

 

 

 

その中で、

 

特定の周波数帯域が

 

 

健康に良い周波数であると発見されました。

 

 

 

 

 

また、波長の特定も大切です。

 

テラヘルツは3μm~1000μmの波長を持ちますが、

 

その一部の波長が体に良く、

 

 

 

つまり健康有効波とは、

 

特定周波数と特定波長の両方が備わったものです。

 

 

 

 

 

そのメカニズムですが、

 

元々体に良い周波数が存在しています。

 

 

 

ホルモンや酵素と同じく体が不調だと、

 

体に良い周波数が少なくなったり、

 

周波数の変調が起こったりするのが原因で

 

病気になったりします。

 

 

 

 

老化はその最たる原因です。

 

 

 

 

 

外部から体に良い有効波を入れると、

 

元々体にあった周波数ですので、

 

共鳴共振を起こし、

 

変調した周波数を正常にします。

 

 

 

 

 

もっと突っ込んだ言い方をすると、

 

この有効波は遠赤外線効果のある色々な温泉の様に、

 

 

皮膚の基質層を透過し、皮膚内部に入ります。

 

 

 

遠赤外線も、

 

テラヘルツ有効波に近いものがありますので、

 

 玉川温泉の様に「体が良くなる」作用が出ます。

 

 

 

 

 

 

 

「人間は血管と共に老化すると

 

昔からいわれています」

 

 

 

 

 

 

 

老化した血管は、毛細血管も含めて硬く細くなります。

 

 

それが高血圧の原因です。

 

 

 

この有効波が入ると、血管が柔らかくなります。

 

 

血管を流れる赤血球はドーナツ型をしており、

 

健全な赤血球は形を変えながら細い毛細血管を通り、

 

細胞に酸素や栄養物を運んでいます。

 

 

 

毛細血管は髪の毛の100分の1位の細さです。

 

 

重要なことは、変形能力の弱く硬い赤血球は、

 

酸素を運ぶことは出来ないということです。

 

 

 

 

 

しかし、この有効波を受けていると、

 

血管や赤血球が柔らかくなり変性能力が上がり、

 

若さを取り戻すことになります。

 

 

 

これは、社団法人ホリスティック予防医学研究所の所長で

 

医学博士の杉喬夫先生が証明しています。

 

 

 

 

 

 

弊社が開発した「太古の記憶ver3.0.」のCDは、

 

このテラヘルツの有効波以外に

 

一般に重低音と呼ばれる7Hz~40000Hz(40kHz)

 

 

までの周波数帯域の中で

 

脳に良い影響を与える周波数帯を収録しています。

 

 

低い音にある有効周波数と、

 

テラヘルツ有効波の

 

両方が入った

 

日本で最高と自負しているCDです。

 

 

 

 

 

この特殊CDを聴くと、

 

瞬時に誰でも火事場のバカ力が出るようになります。

 

 

その体感をしましょう。

 

 

 

 

 

 ※「太古の記憶Ver.3.0.」試聴動画は、このページの中頃に掲載しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■パワーバランスのチェックの仕方

 

 

 

 

 

 

 

 

  

①チェックされる人は、両足のカカトとつま先をそろえて立ちます。

 

②テストしてくれる人に、倒そうという意識で片手を下に引っ張ってもらいます。

 

③通常だとその力に引っ張られ、倒れそうになりますが・・・

 

   ※①~③はCDを聴かない状態で行って下さい。

   ※④に入る前にCDを聴いて行って下さい。

    (下記の動画をクリックすると試聴できます。)

 

④「太古の記憶Ver.3.0.」を聴くと、体が安定し、ふらつきません。 

 

   ※大勢でチェックする時は、お互い隣の人同士で①~④をチェックして下さい。

 

 

 

下記の動画で、「太古の記憶Ver.3.0.」を試聴できますので、

 

上記の「パワーバランスのチェックの仕方」を参考に、

 

是非、体感してみてください。

 

※尚、この音源はコピーが出来ないため、スピーカーを通して再生された音を、

 動画として録音しております。

 動画にすると音が圧縮されるため、本来の音質とは異なります。

 パワーバランスをお試し頂くために、この仕様となっております。

 

 原盤は、毎日聴きたくなる美しい調和した音源です。

 

 

 

 

 

※商品は音楽CDのため、音楽のみで画像はついておりません。 

 

 

 

 

  

 

  

 

 

 

「太古の記憶」 作成秘話

 

 

私達は、以前、

 

脳が数パーセントしか使われていないと学習しました。

 

 

もし、神様がいるのなら、

 

もっと効率のいい脳を造っている筈だ。

 

色々な脳の機能の扉を開ける「カギ」がある筈だ。

 

と思っていました。

 

 

 

その「カギ」が、周波数ではないかと研究し、

 

その周波数を特定し実験してきました。

 

 

ただ、建物の玄関と各部屋の「カギ」が全て違う様に、

 

脳や体の臓器と合致する周波数はそれぞれ微妙に違います。

 

 

 

 

20年の研究・実践で、

 

 

調和の周波数から始まり、

 

瞬間的に生死を分ける時に必要な

 

火事場のバカ力を出す周波数まで

 

色々な特定周波数をCDに組み込みました。

 

 

 

 

普通、CDは可聴範囲と同じく

 

20ヘルツ~2万ヘルツしか収録できません。

 

 

可聴範囲以外の周波数に関しては、

 

倍音等、色々な手法でCDに組み込むことに成功しました。

 

 

 

 

 

 

人間は元来動物です。

 

動物にとって生死を分ける問題が生じた時に出る、

 

この火事場のバカ力の様な能力は、

 

人間に備わっている一番大事な潜在的な力です。

 

 

 

現在、この特殊CD発売以来(※バージョンアップ以前より数えて)、

 

1200人以上のお客様が購入されました。

 

色々お礼の報告も多数来ています。

 

【別添のお客様の体験談をご参照下さい。】

 

 

 

 

 【お客様の体験談をご参照下さい。⇒】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで、

 

 

1人の例外もなく

 

 

喜ばれていることがあります。

 

 

 

 

 

 

“集中力の維持” です。

 

 

 

 

 

 

 

学生さんであれ、社会人であれ、

 

 

何かの試験に合格するには、

 

 

限られた時間に効率良く勉強することです。

 

 

 

 

 

 

 

その成功のカギは、

 

 

“高度な集中力の維持”

 

 

にあります。

 

 

これは誰でも手にすることが出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

その秘密は、α波にあります。

 

α波の周波数帯(7.5ヘルツ~13ヘルツ)の

 

ある周波数が、

 

最大のα波の機能を出します。

 

 

 

 

 

 

最大の機能とは

 

 

“集中とリラックス”です。

 

 

 

 

 

 

この状態を

 

 

同時に引き出し、維持させます

 

 

 だから疲れなく、長時間維持出来るのです。

 

 

 

 

これは神から与えられた人間の脳の最大のシステムです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

       この特殊CDの名前を、

 

 

「太古の記憶Ver.3.0.」

 

 

                        と名付けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

あまり使っていない 遺伝子を ON にして、

 

 

 

 

太古からある誰でも持っている能力、

 

 

 

 

才能、 自然治癒力 を呼び起こしたい

 

 

 

 

と願って付けられた名前です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 聴くサプリ、聴く治療器

 

 

太古の記憶Ver.3.0.

 

 

 

 

 

 

 

 

<太古の記憶Ver.3.0.の三大特長>

 

 

 

①脳の神経細胞にいい25kHz以下の特定周波数を

 

 倍音という最先端手法で組み込んだCDです。

 

 

 

②NASAによって発見され、特定された健康有効波という

 

 テラヘルツ波を転写(印加)したCDです。

 

 

 

③調和の波動入りなので、

 

 事務所やサロン、介護施設等で使うと、

 

 その場の雰囲気が良くなり商談もスムーズです。

 

 

 

 

 

 

 

 

このCDで、

 

病気を治したいと思われる方も

 

多数いらっしゃると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

唯、軽い症状や病気の予防の方は問題はありませんが、

 

脳に腫瘍が出来ている方や、

 

心臓にペースメーカーが入っている方の場合、

 

CDが効き過ぎる場合があります。

 

 

 

 

 

 

(これは、このCDにはいっているテラヘルツ有効波により

 

免疫が上がり過ぎる事から起こります。

 

 

 

この波動は心拍数が変わらずに、

 

血液量が2倍~3倍上がります。

 

 

 

 

普通の人には血流量が上がるのは良い事ですが、

 

 

血流がゆっくり流れるのが普通になっている

 

 

体の悪い人にとって、

 

 

バランスが壊れる事によるショックです。)

 

 

 

 

※尚、このCDのコピーは法律上禁止されていますが、

 

 コピーしてもテラヘルツはコピーできませんので、効果はありません。 

 

 

※また、40kHz以下の脳に良い周波数は、コピーすることでピークがズレますので、

 

 その効果については、責任を持ちません。