太古の記憶CD Ver.3.0. 体験談集  

 

 

太古の記憶Ver.3.0.発売以来、多くの方から反響が寄せられています。

 

 

 

 

 

 

 

 

「太古の記憶Ver.3.0.」発売によせて 

 

 

 

 

太古の記憶Ver.3.0.ができたのは、2017年の1月、つまり1年前です。



色々な方の助言や協力を得て、

 

超微細振動のテラヘルツを従来の太古の記憶Ver.1に特殊加工ました。

 

 

 

そして、試行錯誤の結果、特殊加工を更に強化し、

 

太古の記憶Ver.3.0.ができ上がりました。

 

 


Ver.1の太古の記憶CDは、

 

重低音の中で可聴範囲(20~2万ヘルツ)以外の

 

脳にいい周波数を強く入れているCDでした。

 

 

 

それに超高周波のテラヘルツ加工をしたCDは、

 

両方の部分が脳や体にいい影響を与えるはずと思って制作しました。

 



ところが周波数の相乗効果で、

 

Ver.1の部分(脳に良い周波数)の効果レベルが上がり、

 

私が1番助かりました。

 

 



というのは、私の妻が5年ほど前、パーキンソン病という難病に罹ったからです。

 

 



介護をしながら、新商品の開発や販売、資金繰り等に頭を悩ませることが多く、

 

いつも気が落ち込みそうになるのですが、

 

 

 

 

 

 

 

朝起きて、

 

 

水を飲み、

 

 

太古の記憶Ver.3.0.を聴くと

 

 

体中からやる気が起き、

 

 

いいアイディアや発想が湧いてきて、

 

 

仕事を安定させることができました。

 

 

 

 

 

 

 


色々な方のおかげはもちろんのことですが、

 

私が明るく元気で働けたことも大きな要因だと思います。

 

 

 



その意味で、私にとっては1千万、2千万もの価値があったCDでした。

 

 

 

 



           2018年1月 

 


            太古の記憶 製造・販売


              (有)明聖研究所 
 代表 大田 邦廣



 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

「太古の記憶Ver.3.0.」の発売以来、

 

お客様から喜びの声が多数届いております

 

 

 

 





皆様からお寄せいただいた体験談をご覧いただく前に、

 

私大田の身近でも奇跡のような出来事がおこりましたので、お伝え致します。

 

 

 




私の妻のことです。(2018年5月現在)

 



上記の「太古の記憶Ver.3.0.発売によせて」にも書きましたが、

 

妻が難病指定であるパーキンソン病に罹り、その後進行し、

 

昨年、要介護4まで進みました。

 

 



要介護4とは、

 

身体をあまり動かすことができないので、

 

自分ではほとんど何もできない状態です。

 

 

 

 

それだけでなく、

 

パーキンソン病特有の症状もあり、

 

薬が切れると全身の筋肉と関節が硬直し、

 

鉛の塊のように重く、カチカチに硬くなっていました。

 

 

 

 



私も、本気で “太古の記憶”CD を聴かせ、

 

予防医学に基づいた 「安全」「安心」「安価」なサプリメントと、

 

予防医学分析研究所の所長 若狭氏のアドバイスにより、


現在、要介護1くらいの状態にまで回復したのです。


 

 

 

 


毎朝、2階から1人で降りて行き、私のために簡単な朝食を作ってくれる程です。
 

 


多分、今年中に普通の人の状態まで回復し、奇跡が起きると思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この 特殊周波数入りCD “太古の記憶” には、

 

 

 

 

脳を正常にする働きと、

 

人間が本来持っているエネルギーを取り戻す働き

 

 

 

があります。

 

 

 

 

 

 



今まで何千枚も販売し、

 

数多くの喜びの声や

 

奇跡のような話を聞いていたのですが、

 

 

 

 




もう一つ、

 

身近な人に奇跡が起こりました。

 

 

自分でも正直、これ程の奇跡が起こるなんて思っていませんでした。

 

 

 

 

 

 

 



余命半年といわれた全身ガンの青年が


生還していたのです。




 

 

 

 

 

 彼は加藤弘一さんという青年です。

 

3年前、全身にガンが転移している状態で知り合いました。

 

 

 

 

彼は仕事もできないので、生活保護を受けていました。

 

 

 

 

 



お金のかかるサプリは紹介せず、

 

弊社の特殊周波数入りCD ”太古の記憶Ver.3.0.” を勧めました。

 

 

 

 

 

 

ただ、この1年半位、全く会っていなかったのです。

 

 

 

 

亡くなっているのではないかと思ったこともありました。

 

 

 




しかし、2か月前、コンビニで偶然再会したのです。

 

 

 

 

 

 



本当に驚きました。

 

元気で力強そうな姿を見たからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

彼が言うには、

 

 


『こんなに元気になったのは、

 

 

社長から紹介されたCD以外考えられません。

 

 

ドクターも信じられない回復だと驚いている……

 

 

 

 

とのことでした。

 

 

 

 




本人に、

 

手記を書いてもらい、インターネット上に出してもいいかと聞くと、

 

いくらでも使って下さいと言われたので

 

手記を掲載することにしました。

 

 

 

 

 

 

 



太古の記憶Ver.3.0. お客様体験談   


 

 

 

  

 

 

 

 全身癌からの生還 

 

 


◆「太古の記憶」体験談  新居浜市 加藤弘一さん(30代・男性)

 

 

 

 

私は、平成25年の秋に、甲状腺にポリープが見つかり、摘出手術を受けました。

 

手術そのものは成功でしたが、既にもう脳と肺にも悪性ポリープ(いわゆるガン)があり、

 

ステージ3~4と宣告されました。                       

 

 

 


当初は薬物、化学療法を受けておりましたが、

 

状態は一向に好転しませんでした。

 

体重は約25㎏以上減ってしまい、食事も満足に摂れない日々が続きました。

 

 



そんな時、大田社長から特殊周波数入りのCDを勧められ、

 

何も分からないまま聴くことにしました。

 

 



毎日聞いていると、ガンの進行が停止しているように感じました。

 

 

 



担当のドクターにも、

 

 「進行が止まっている、不思議だ。少し治りつつあるところもある」

 

 と告げられました。

 

 

 

 


私は30代です。本来なら、もっと進行が早いのが普通です。

 

 

 

 

最初、余命半年から2年といわれてから、

 

現在で5年が経過しましたが、ピンピンしています。

 

検査をしても担当ドクターが首を傾げるほどで、ガン細胞が消えていっています。

 

 

 

 


また、私はガンと同じくして網膜剥離となってしまいましたが、

 

こちらも右目は手術の結果はあまり良くありませんでしたが、

 

 

 

 

左目だけで視力が眼鏡をかけて1.2と、当初の0.02より著しく回復しており、

 

内科、眼科とあらゆる先生方から、

 

「今の状態は限りなくベストに近いベターだ」と言われ、

 

患者の私も担当ドクターもびっくりしております。

 

 

 

 


私は太古の記憶CDと出会い、睡眠の質がとても良くなりました。

 

寝つきが悪い時、このCDを聞きながら横になっていますと、すぐ眠られます。

 

 

 

 

また、頭痛等の体の不調の時に、リラックスした姿勢で聞いていると、すぐに治まります。

 

 

 

 


余命宣告、失明の危機を乗り越えられ、私は
とても良いものに出会えました。

 

本来ならば、私はもうこの世に生がなかったも知れないのですが、

 

こうやって一日一日回復へと向かっております。

 

 

 



是非皆様へも、このCDをお勧めしたいと思います。とても素晴らしいです。 

 

 



                            新居浜市在住 加藤弘一
  

 

 

 

            

 

 

 

 

  脳内出血からの奇跡の帰還 

 


◇「太古の記憶」体験談  
豊橋市 浅見さん(50代・男性)

 

 

それは7月末の月曜日の早朝、

 

四日市南警察署からの一本の電話から始まりました。

 

 

 

家内の妹が自損事故を起こして、警官が事情を聴いているのだけど、

 

全く言うことが理解できず、困っているとのことでした。

 

以前、パニック障害を患っていたことを告げると、

 

警官から病院を勧められました。

 

 

 

 

早速、家内と私は車を飛ばして、

 

時間後には義妹のアパートに着きましたが、事故処理をする間、

 

何となく義妹の話につじつまが合わないことに気付き始めました。

 

 

 

 

 

念のため豊橋まで連れ帰り、脳神経内科へ連れていくと

 

脳内出血していることがわかり、

 

急きょ市民病院のICUに緊急入院しました。

 

 

 

 

その時には、私たち肉親の名前はもちろん、

 

自分の名前、生年月日、住所も全く言えなくなっていました。

 

 

 

 

肉体的には幸いどこも異常がなかったのですが、

 

脳の言語や記憶をつかさどる部分にかなり大きな出血があり、

 

人の名前や物の名前を忘れ、簡単な計算もできなくなっていました。

 

 

 


医者からはかなりの部分で後遺症が残るとの説明がありました。

 

 

 



10日間の入院のあと、12週間のリハビリ転院が決まりました。

 

義妹は大企業の工場内でキャドやパソコンでの見積もりなどの

 

ハードな仕事をこなしていました。

 

 

 

 

 

こんな病状にもかかわらず、仕事への復帰の意欲だけは高く

 

早期の退院を望んでいましたが、

 

現実には小学校2年生の漢字もほとんど書けない状況でした。

 

 

 

 

 

医者からは仕事への復帰はかなり困難な状態だとの説明もあり、

 

実の姉の名前も思い出せない姿を見て、私たちも暗澹たる心境でした。

 

 

 

 

しかし義妹は49歳とまだ若く独身でもあり、

 

何としても社会復帰をさせなければいけないという強い決意が

 

私たちにはありました。

 

 

 

 

 

その裏には、「太古の記憶」で何とか奇跡を起こせるのではないかという、

 

一種自信めいたものが私にはありました。

 

 

 

 

 

 

幸い義妹には、強い現場復帰への思いがあり、

 

決められたことをコツコツとこなす継続力がありました。

 

 

 

 

 

そこで毎日「太古の記憶」と「ディープリスニング」のCDを

 

15分ずつ聞かせ、

 

とくに「太古の記憶」は可能な限り一日中、

 

重低音を拾うヘッドフォンを通して流させました。

 

 

 

 

 

 

その4週後あたりからは医者も驚くほどの回復力を見せ、

 

6週間後には見積書をパソコンで作成できるまでに回復しました。

 

 

 

 

 

まだまだ文字の打ち間違いは見られましたが、

 

会社の上司や同僚に経過報告のメールを打てるまでにもなりました。

 

 

 

 

 

 

予定の退院日より2週間も早い退院が決まり、

 

その後の通院も不要との主治医の判断ももらい、

 

意気揚々と我が家に引き上げました。

 

 

 

 

 

我が家ではひとり暮らしのリハビリを7日間した後

 

四日市の自宅アパートに帰っていきました。

 

現在は徐々に仕事に復帰しています。

 

 

 

 

 

 

素晴らしいリハビリのスタッフにも恵まれたことも幸運でしたが、

 

私には退院後の通院治療も不要なほどに回復したのは、

 

「太古の記憶」が生んだ奇跡だと思っています。

 

 

 

 

 

また、入院当初から、この奇跡を起こしてやろうと

 

「太古の記憶」を病院に持ち込んだ判断にとても満足しています。

 

 

 



                     セカンドスクール 浅見 佳之

 

 

 

 

 

 






 脳梗塞で意識が無かった女性が笑顔を取り戻した 

 

 


◇「太古の記憶」体験談  新居浜市 Kさん(44才・男性)

 

 

 

知人のお母様が脳梗塞で緊急入院され、呼びかけても目を合わせることがなく、

 

手を握っても反応が無かったそうです。

 

 

 

僕は「太古の記憶Ver.3.0.」で癌を克服した人の話や

 

脳出血で記憶を無くした方の症状が改善された話を聞いていたので、

 

もしかしたらと思い、このCDを送りました。

 

 

 


 すると、数日のうちにその方から連絡があり、

 

“「太古の記憶Ver.3.0.」をずっと聞かせていたところ、

 

こちらからの呼びかけに反応し、目を合わせて笑うことができた”、

 

との嬉しい報告を受けました。


 

 

 

 




 肺癌から全身のリンパに転移していたガンが
10分の1に。

 

 


◇「太古の記憶」体験談  名古屋市 Tさん(60代・男性)

 

 


過労と睡眠不足が続き、体調がすぐれず、長いこと咳が止まらなかったので

 

病院に行きました。

 

 

 

すると、肺癌と言われ、癌細胞が全身のリンパに転移しており、

 

もう既に手術もできない状態(ステージ4)でした。

 

 

 


 絶望的な状況でしたが、知人の勧めで「太古の記憶Ver.3.0.」を毎日聞き、

 

サプリメント等も飲みました。

 

 

 

か月後、病院で検査したらガン細胞が10分の1に減っていると言われ、

 

担当医も驚いているようでした。

 

 

 

 

 

 

 



************************************************************ 



その他、病気以外の体験談も届いております。 

 

 

 

 




◇「太古の記憶」体験談  岡崎市 Oさん(39才・女性)



私は毎日仕事場で聞いていますが、長時間集中できるような気がします。

 

特に、残業でパソコン入力など細かい作業が続く夜などは、非常に助かります。

 

チラシを作成する時など、以前よりもイメージがよく湧いてくるようになり、

 

上司に褒められたこともあります。

 

 

今まで使ったことのないソフトも使ってみようという意欲も出てきました。

 

曲調も落ち着いているので、職場の雰囲気が和み、

 

気分が塞いでいる時にも重宝します。


 

 

 

 



◇「太古の記憶」を聴いて 愛媛県 Aさん(35才・女性)



太古の記憶は、「集中力がつく」ということで知人に勧められ、毎日聞いていました。

 

自分のために聞いていたのですが、当時3歳だった娘が、

 

この曲がかかっている部屋に来ると落ち着くのか、コロンと横になり、

 

よく眠そうにしていました。

 

 

気のせいかなと思っていましたが、

 

初めて来たお客さんの赤ちゃんが床で寝てしまい、

 

「よそでは寝ないのに」と驚いていたので、何かあるなと感じました。

 

 

 

また、知人のお子さんは障害があるのですが、

 

この曲がかかると楽しそうに踊りだすと言っており、同じようなお子さんを持つお友達に

 

紹介したところ、その方のお子さんも気に入っているようでした。

 

 

 

 





◇「太古の記憶」体験談 新居浜市 (41才・女性)



知人に勧められ、太古の記憶を使ってみました。

 

部屋の雰囲気は良くなるような気がしました。

 

 

保育園の年長だった娘は出来ないことがあると、すぐ癇癪を起していましたので、

 

試しにに使ってみようと思いました。

 

 

保育園で大縄跳びになかなか入れないといっていたので、

 

家で練習していたのですが、3回飛べたらいい方で、できないと縄跳びを投げ飛ばして、

 

寝転んで駄々をこねるほどでした。

 

 

 

そこで太古の記憶をヘッドホンで聴かせた後、練習している内に、

 

5回、6回飛べだして、7、8回練習しただけで、急に150回以上連続飛べました。

 

引っかからないので、疲れて止まったという感じでした。

 

 

 

突然のことで娘もビックリしてしまい、お互い信じられませんでした。

 

太古の記憶のおかげかどうか分かりませんが、

 

兎に角、保育園児が急にそんなに飛べたのが不思議でした。

 

 

 

 



◇「太古の記憶」体験談 愛媛県 (42才・女性)

 

義母がパーキンソン病で、うつ病の様な症状が出たり、ちょっとしたことで

 

不安になったり、極度に心配しておどおどしたりすることがよくありました。

 

また、薬が切れると筋肉が硬直し、水も飲み込めないような状態になり、

 

数分毎に立ったり座ったりさせたり、手を動かしたりしなければならない日が

 

続いていました。家中重苦しい雰囲気が漂い、息の詰まる思いでした。

 

 

 

昼間は2人きりになることが多く、私も気分が塞ぎ込んで笑えなくなっていました。

 

睡眠障害も出ており、完全に悪循環に陥っていました。

 

 

 

そんな時、「太古の記憶Ver.3.0.」を勧められ、毎日家でかけていました。

 

不思議とその場の雰囲気が良くなり、息の詰まる感じは無くなっていきました。

 

 

 

音楽が掛かってないと、義母の方から「太古の記憶」をかけてくれと催促するほどでした。

 

「太古の記憶」が掛かっていると表情も和やかになるようでした。

 

私も良く寝られるようになったように思います。

 

 

 

 

 

 

◇「太古の記憶」について 千葉県 Kさん(41才・男性)



車を運転するのが好きで、

 

家族と一緒に長距離移動する際の運転はいつも私の役割です。

 

 

移動中、眠くなったり疲れたりするとパーキングに立ち寄り、

 

休憩やコーヒーを飲んでリフレッシュしてまた運転、というサイクルが、

 

このCDを聴きながら運転していると、

 

心なしかパーキングに寄る回数が少なくなったり、

 

休憩時間も短くなった気がします。

 

 500~600キロ位の運転でも、目の疲れや体の痛みなどは極端に減りました。


 

 

 

 

◇「太古の記憶」体験談 愛媛県 (60代・女性)

 



ずっと前から寝つきが悪く、枕元で誰かがざわざわ話している様な感じがしたり、

 

誰かに起こされるような感じがして、なかなか睡眠がとれない状態でした。

 

誰にも相談していなかったのですが、

 

たまたま親戚に『これすごくいいよ』と「太古の記憶」を勧められました。

 

 

今ではスッキリ眠れています。 

 

 

 

 



◇「太古の記憶Ver.3.0.のCD」体験談 大阪市 小山和男さん(64才・男性)

 


①喫茶店でCDを小さい音で再生して聞きながら打合せをしていました。

 

 最初は周りが大変にぎやかなので、大きな声で会話をしていましたが、

 

 30分程で周りが静かになっている事に気づき、

 

 これはCDの影響かな、と直感しました。

 

 

 聴こえない音でも周囲に影響を与えた事に感動しました。

 

 

 

 CDを持ち歩いているので、

 

 この体験は他の大勢のお客が入店している喫茶店やレストランでも

 

 同じ体験をしました。

 

 

 



②電車内で赤ちゃんが泣きやまず、困っていたお母さんがいたので、

 

 イヤホーンのボリュウムを最大にして、再生すると

 

 赤ちゃんはすやすやと寝てしまいました。

 

 

 



③ある職場で、いつも怒鳴りながら仕事をしている鳶さんがいたので、

 

 CDを1日中再生していたら、

 

 その鳶さんが穏やかに仕事をしていたことが新たな体験でした。

 

 

 ちなみに、日を開けて2回したけれど、同じ体験をしました。

 

 

 



④広帯域のヘッドホンで再生し、最初は耳に当てたり、

 

 こめかみに当てて聴いていました。

 

 すると、数時間が経過し、気づいたのですが、

 

 何と、「老眼鏡」がいらなくなったんです。

 

 

 

 但し、パソコンやスマホを長時間見ていると目が疲労するのでご注意。

 

 

 



⑤自分では気づかなかったのですが、何故か後頭部の白髪が黒髪になっていた。


 

 

 

 

 



◇太古の記憶の使用感想 神戸市 Oさん(50才・男性)

 


「百聞は一見に如かず」というより、

 

「百聞は一聴に如かず」だというのが、私の使用感です。

 

 

 

話しだけ聞いているとなんとなく分かったような、分からないようなものだというのが、

 

このCDとの始めての出合いでした。

 

 


しかし、自分や塾生たちに使用すると、これがなかなか面白いもので、

 

眠っていた自分の脳を目覚めさせるというのが驚きでした。

 

 

 

具体的にどうかといえば、集中力がない時、

 

仕事を早く終わらせたい時などにこれを聴くようにすれば、

 

スムーズにものごとに入っていけます。

 

 

 

昨年、塾生の一人にこのCDを渡し、

 

自習の時はこれを聴きながら勉強したところ、

 

 

 

「頭の中にスーッと入り、それらを自分の頭からすいすい取り出すことができた。」

 

 

と話していたのが印象的でした。

 

 

 

もちろん、志望校の私学の中学に合格しました。



このようなことから、
今後、塾の学習はもちろん

 

自宅での学習にまで使えると感じました。               

 

 

 

 

 




◇「太古の記憶Ver.3.0.」について  豊橋市 Aさん(56才・男性)



わたしが「太古の記憶」を初めて知ったのは1年ほど前のことです。

 

 

目の前で「太古の記憶」を聴いての不思議な現象(体が強靭になる等)に、

 

将来の新しいビジネスの予感を感じ、その場で購入を決めました。

 

 

 



毎朝、15分程度専用のヘッドフォンで聴くわけですが、

 

すぐにいろいろな効果が表れました。

 

 

 

効果は人それぞれだと思いますが、私の場合はこれを聴きながらやると、

 

嫌いな事務仕事の能率が2倍くらい上がるのです。

 

 

 

身体的にはヘッドフォンをつけると、前屈の記録が15㎝ほど伸びました。

 

 

経営する学習塾で、生徒に腕相撲をさせると、

 

力が拮抗している2人ですが、ヘッドフォンをつけたほうが必ず圧勝します。

 

やった塾生も大びっくりでした。 

 

 


なによりも助かっているのが、毎日が楽しいのです。

 

 

月に5,000円ほどかけて飲んでいた、よく効くサプリもやめてしまいました。

 

 

経済的にも大助かりです。

 

 

1日おきに聴いている家内は、3か月で聴力が8%改善し、

 

昨年は初めてヤマ勘なしで職場の聴力検査をパスしました。

 

 


楽しい経験の数々を周囲の人々に伝えながら、「太古の記憶」を広めています。

 

 

 

 

 




◇太古の記憶を聴いて 尼崎市 Sさん(67才・女性)



私は太古の記憶のCDとの縁は約10か月前です。

 

知人に面白いCDがあるか聴いてみませんか?と紹介され、

 

好奇心旺盛な私は早速聴いてみました。

 

 

 


何の予備知識もなく聴いて直ぐにOリングテストをしたんです。

 

パカパカと開いていた指がカチッと力も加えないのに開かないのです。

 

知人は「これだけ強いエネルギーが体に入っているんですよ」と。

 

鈍感な私は??でした。

 

 



しかしながらCDを聴くだけで体にエネルギーが入るんだったら

 

他の病気にも効果があるのではないかと、その時直観しました。

 

 

 

私は更に知人達にも試して頂き、

 

ある方は「脳の栄養剤ですネ」、

 

「脳がスッキリする」、

 

また、聴いた瞬間に注文された方は、

 

「こんなCDを待ってたんです。」等々…。

 

 

 

 

色んな癒しのCDはありますが周波数の高いのは日本初ではないかと思っています。

 

 



疲れた時、時間が無い時などは2番、3番のみを聴くだけで、

 

スーッと脳の疲れが取れます。

 

 

 

また、長距離運転をされる方、疲れが全然違います。

 

一度お試し頂ければ「太古の記憶」の効果を分かって頂けると確信しています。

 

 



現在の私の使い方は、パソコンから流していますので

 

仕事中周りの方達にも周波数が行渡るので集中力と疲れが違います。

 

 

 

 

 




◇太古の記憶CDの使用感想 松山市 平野博昭さん(67才・男性)



私は27年間「Oリング」テスターとして、体験を積んできました。

 

今では、あらゆる存在の波動測定が可能となりました。

 

 


さて、このCDですが、この音楽が流れてくると、

 

そこの空間波動が、+12から+5555へとあがります。

 

場の快適性が上昇するようです。

 

 

 

 


もう一つ、回転部分の抵抗が減少するようです。

 

松山ユースの空調機の34200Vの電力使用量が、

 

2015年4月~2016年1月まで15~25%の節電となっています。

 

 

面白い現象となっています。今も使用を楽しんでいます。

 

 

 

 

 




◇太古の記憶を聴いて 伊丹市 Iさん(57才・女性)



私はいつもイヤホンでこのCDを聴いていますが、

 

特別に自分にすごい変化があるというのでなくて、

 

周りの空気が澄んでくる感じがします。

 

 

 


ただ、いざという時に思った通りの結果がでるという奇跡も起こっています。

 



以前は気持ちにゆとりがなく、

 

精神的に耐えられないという場面に遭遇すると混乱していましたが、

 

今では何とかなると思える気持ちも生まれています。

 

 

 

自分の頭の中がクリアになって、

 

あれこれと悩むということも少なくなっていると感じます。

 

 



また、このCDを聴くようになって1年になりますが、気持ちが自然に明るくなって、

 

考え方が前向きになり、いろいろなことにチャレンジしたいと思うようになりました。

 

 

 


人間が本来持っていて、

 

現代のストレス社会で減ってしまった体に良い周波数を

 

このCDを聴くことで補うことができるというのも、魅力です。

 

 

 

 

 




この他にも、お客様から喜びの声が多数届いております。

 

 

 

 

 

 ◎気力、能力の向上に関する例

 

 

 

  ・集中力が増した(多数届いています) 

 

  ・気分の切り換えが早くなった 

 

  ・マイナス的な発想が0になった   

 

  ・意欲が向上した 

 

  ・想像力が増した 

 

  ・毎日が楽しくなった

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

  

・今まで出来なかった事を出来るようにする

 良い方法がよく思い浮かぶようになった

  

・仕事のスピードが数段上がった

 (1日かかっていた仕事が

  3時間で出来る等)  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎身体的機能の向上に関する例

 

 

    
 ・バランスが良くなった


 ・瞬時に火事場の“バカ力”を体感する


 ・足腰が丈夫になった気がする


 ・つまずく事が少なくなった    


 ・片足でする動作が向上した


 ・腰の痛みが楽になった


 ・肩こりが軽減した


 ・認知症に効果を感じる

 

 ・うつ病が軽減した

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎人間以外の動物に関する例

 

 

 

・室内で飼っている犬が急に元気になり

 食欲も旺盛になった


・朝このCDをかけてくれとせがむ様になった


・このCDをかけていると気持ちがいいのか、

 静かに聴いている


・このCDをかけていると、喜びを現し

 走り回るようになった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎体の臓器、体調に関する例

 

 


 ・生命力が増したせいか目にも力が出た


 ・便秘の状態がよくなった


 ・体調が良くなり、バテなくなった


 ・よく眠れる様になった 


 ・熟睡できるので、睡眠時間が

  少なくても体調が良くなった


 ・食欲が増した


 ・視力が上がった


 ・視界が広くなった

 

 ・髪の抜け毛が少なくなった

 

 ・末期ガン患者が、モルヒネを打つことなく静かに息を引き取れた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎子供の例

 

 

    現代の子供達は、

 

    元気が無い、

 

    覇気が無い子が多いです。

 

 

 

    これは、古い悩(動物悩)が弱っているため、

 

    生命力が弱っていることから

 

    起こる現象です。

 

    また、現代の子供達は、携帯やパソコン、ゲーム機等、

 

    人工的な音に囲まれています。

 

 

 

    「太古の記憶Ver.3.0.」は、

 

    ヤル気が無い、集中力が無い、持続力が無い、そんなお子様にお勧めです。

 

 

    生命力が強くなったら、速音聴(速く聴くソフト)を使って、

 

    右脳と左脳を同時に鍛えると、別人のようになれる可能性大です。

 

 

 

 

 

 

 

 

「太古の記憶Ver.3.0.の効果的な聴き方」はこちら→