太古の記憶Ver.3.0. 

太古の記憶Ver.3.0. 

販売価格: 64,800円(税込)

在庫数 40点
数量:

 

 

テラヘルツ波印加CD

 

太古の記憶Ver.3.0.

 

 

 

 

〜命の光〜  テラヘルツ波 

安全有効電磁波・健康有効波

 

 


NASAによって発見されたテラヘルツ波の中で、

 

『人体に一番有効な特定周波数と特定波長」の両方が備わったものを

 

『健康有効波P-UP』(A社特許出願中)と名付け、最高レベルの技術によって、

 

物質としてのCDに転写(印加)させています。

 

印加されたCDは、置いておくだけでも効果を知覚することができます。

 

 

 

 

 

テラヘルツ波の効果は?

 

テラヘルツ波は、細胞・遺伝子・ミトコンドリアに吸収され電磁波障害で損傷した

 

DNAや細胞を元に戻したりします。

 

 

生命活動の中心となっている有機高分子(タンパク質・核酸・酵素等)は、

 

全てテラヘルツ波領域の共振周波数にあります。

 

 テラヘルツ波は、水に吸収されるだけでなく蓄積され、

 

また、テラヘルツ波を再放射させることがわかっています。

 

 

人体の60%以上が水分で、脳の85%以上が水なので、

 

これらの蓄積と再放射が共振作用により体内の深部に届き、

 

水のイオンとの『共振作用』により、水クラスターを低分子量化させ、

 

水分子と水分子の間に挟まれて動けなかった身体の脂肪や重金属を

 

体外へ排出させることができます。

 

 

 身体を活性化させ、身体のバランスを整え、

 

活動を潜在的なレベル(より健康な状態)に導きます。

 

 

人への効果以外にも、

 

細菌害虫忌避・悪臭の元を分解・節電効果・酸化防止・アルカリ化作用等々、

 

様々な良い効果が発見されています。

 

 

 

 

 

 

肌で感じる音を収録

    特殊音の録音に成功!

 

まず、一般のCDと決定的に違う点は、

 

自然界にある風の音や水の流れる音(25キロヘルツ位の超音波)が

 

特殊技術でこのCDには録音できているということです。

 

 


普通のCDは、人間の聴き取れる範囲の

 

「20ヘルツ〜20キロヘルツの音域以外の低音・高音域」は

 

機械的にカットしてしまっています。これはとても残念なことです。

 

 

しかし、発明家であり音楽ディレクターの伊川茂樹氏によって、このCDが完成しました。

 

 

 

 

 

 

 

 


特殊音の録音技術を習得

『倍音』の録音に成功


〜伊川茂樹氏のインタヴューより

 

 

僕は『倍音』という特殊技術を、

 

宇宙物理学者である佐治晴夫氏との出会いによりヒントを得て、

 

まるで、生でコンサートを聴いているかのような、

 

「肌で感じる音」をCDに録音する技術の開発に成功したんですよ。 

 

 

 ※佐治晴夫氏:

  NASA客員研究員。宇宙探査機ボイジャーに地球からのメッセージとして

  バッハの音楽を収録搭載することの提案や地球外知的生命探査プロジェクトにも

  関わった方です。

 

 

 

 

脳活性化CDで潜在脳力UP!

 

 

このCDの音を聴いていると

 

『脳を目覚めさせ、

 

本来脳が持っている能力を、元のより優れた状態に戻す』

 

ことが可能になるということなんです。

 

 

 

 

バリアフリー音楽を開発

音楽ディレクター 伊川樹氏茂 プロフィール 

 

 

1956年 誕生
1980年 名古屋工学院専門学校電子工学科卒業
1982年 日本福祉大学社会福祉学部卒業
2005年 大阪芸術大学通信教育学部放送学科卒業
受賞歴
1993年 (財)日本宇宙少年団より特別賞(社会福祉賞)
1994年 日本アマチュア無線連盟表彰(無線技術の福祉利用)
2004年 西条ロータリークラブ表彰(理科教育)

 

 

僕は、難産で誕生した際に、へその緒が首に巻き付いて脳への血行が止まり、

 

その後遺症で重度の脳性小児麻痺となって

 

言語発生と右手・右足の障害を抱えることになってしまいました。

 

 

 

 

伊川氏の作品(油絵) 

 

 

 

 


生まれながらの障害のため、中学1年生までずっと寝たきりで、

 

全ての情報を耳で聞くしかなかったことから、

 

人が発する音からその人の心の内まで感じ取ることができるようになり、

 

更に普通の人には聞こえない音を聴くことができるようになっていったのです。

 

 


普通の若い人で20ヘルツ〜20キロヘルツまでの周波数ですが、

 

僕の場合はそれをある程度超えた音域でも、直接耳で聞き取ることができるんです。

 

 

 

 

 


バリアフリーコンサート大成功!!

 

耳の不自由な人達にも音楽を楽しんでいただけないか、

 

一般の人達と一緒に…

 

という発想から、一般聴衆に全く違和感を感じさせない仕組み

 

(鼓膜でなく体や皮膚で感じる音(重低音)唸り現象を利用したもの)

 

などを考案して大成功しました。

 

 

「はじめてのクラシック〜中学生・高校生のために」

コンサートにて作曲家の三枝成彰氏(中央奥)と共に

 

 

 

 『倍音』使用などを考慮して、一般の人でも

 

「指で耳の穴をふさいでもピアノの音が聞こえる感覚」を

 

体験していただきました。

 

 

 

 

 

耳元で話しかけないと聞こえないお年寄りの人達にも

 

十分音楽が届いたとのことで、

 

高度の難聴という103歳の女性にも

 

「とてもよく聞こえ楽しめました」

 

と満足そうに言われ、大変喜ばれました。 

  

東京フォーラム        
  バリアフリーコンサート会場
(2010年8月8日)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テラヘルツ 

 

 -体にいい有効波が見つかった-

  

 

 

実は、人間の体は発光体です。 

 

赤ちゃんを見ると気持ち良くなりますね。 

 

赤ちゃんから発している電磁波の波長が 

 

こちらを気持ち良くさせています。

 

 

  

昔からどこか体が痛かったり悪かったりすると、 

 

手かざしと呼ばれている手を患部に当てる行為をします。

  

誰がやっても手のひらから温かい熱を感じます。 

 

昔は赤外線と呼んでいました。

 

  

 

このテラヘルツ波は、

 

NASAが最初に発見しました。

 

 過酷な条件下の宇宙船内で、 

 

人が生存する為の必要な要素を調べたのです。

 

 

 

その後、日本も含めて多くの国々が、この周波数帯域、波長を

 

研究してきました。

  

それがテラヘルツと呼ばれる電磁波です。

 

  

 

現在は体に良い(元々人体が持っている) 

 

テラヘルツの周波数帯域が特定されました。

 

 

 

テラヘルツとは周波数の単位の呼び名ですが、 

 

1kHzは1秒間に振動数1000回を意味します。

 

 その1000倍の1MHzは1秒間に100万回を意味します。 

 

その1000倍の1GHzは1秒間に10億回を意味します。 

 

その1000倍の1THzは1秒間に1兆回を意味します。

 

  

 

 

その中で、特定の周波数帯域が 

 

健康に良い周波数であると発見されました。

  

 

 

また、波長の特定も大切です。 

 

テラヘルツは3μm〜1000μmの波長を持ちますが、

  

その一部の波長が体に良く、 

 

 

 

 

つまり健康有効波とは、 

 

特定周波数と特定波長の両方が備わったものです。

 

  

 

 

そのメカニズムですが、 

 

元々体に良い周波数が存在しています。

 

  

 

ホルモンや酵素と同じく体が不調だと、 

 

体に良い周波数が少なくなったり、

 

 周波数の変調が起こったりするのが原因で

 

病気になったりします。

 

老化はその最たる原因です。

 

 

 

外部から体に良い有効波を入れると、 

 

元々体にあった周波数ですので、 

 

共鳴共振を起こし、 

 

変調した周波数を正常にします。

 

もっと突っ込んだ言い方をすると、

 

 

 

この有効波は遠赤外線効果のある色々な温泉の様に、 

 

皮膚の基質層を透過し、皮膚内部に入ります。

 

 

遠赤外線も、 

 

テラヘルツ有効波に近いものがありますので、 

 

 玉川温泉の様に「体が良くなる」作用が出ます。

 

 

 

「人間は血管と共に老化すると」 昔からいわれています

 

 

 

老化した血管は、毛細血管も含めて硬く細くなります。 

 

それが高血圧の原因です。 

 

 

 

この有効波が入ると、血管が柔らかくなります。 

 

 

血管を流れる赤血球はドーナツ型をしており、  

 

健全な赤血球は形を変えながら細い毛細血管を通り、  

 

細胞に酸素や栄養物を運んでいます。

 

 

 

 毛細血管は髪の毛の100分の1位の細さです。 

 

重要なことは、変形能力の弱く硬い赤血球は、 

 

酸素を運ぶことは出来ないということです。

  

  

 

しかし、この有効波を受けていると、

 

血管や赤血球が柔らかくなり変性能力が上がり、 

 

若さを取り戻すことになります。

 

 

これは、社団法人ホリスティック予防医学研究所の所長で 

 

医学博士の杉喬夫先生が証明しています。

 

 

 

弊社が開発した「太古の記憶ver3.0.」のCDは、

 

このテラヘルツの有効波以外に 

 

一般に重低音と呼ばれる7Hz〜40000Hz(40kHz) 

 

までの周波数帯域の中で 

 

脳に良い影響を与える周波数帯を収録しています。

  

 

 

低い音にある有効周波数と、

 

テラヘルツ有効波の

 

両方が入った 

 

 

日本で最高と自負しているCDです。

 

  

 

この特殊CDを聴くと、

 

瞬時に誰でも火事場のバカ力が出るようになります。 

 

その体感をしましょう。

 

 ※「太古の記憶Ver.3.0.」試聴動画は、このページの中頃に掲載しております。

 

 

 

 

 

 

■パワーバランスのチェックの仕方 

 

 

 

 

 

 

  

(1)チェックされる人は、両足のカカトとつま先をそろえて立ちます。 

 

(2)テストしてくれる人に、倒そうという意識で片手を下に引っ張ってもらいます。 

 

(3)通常だとその力に引っ張られ、倒れそうになりますが・・・   

  

 ※(1)〜(3)はCDを聴かない状態で行って下さい。 

 

 ※(4)に入る前にCDを聴いて行って下さい。 

    (下記の動画をクリックすると試聴できます。) 

 

(4)「太古の記憶Ver.3.0.」を聴くと、体が安定し、ふらつきません。   

  

 ※大勢でチェックする時は、お互い隣の人同士で(1)〜(4)をチェックして下さい。

 

  

 

 

下記の動画で、「太古の記憶Ver.3.0.」を試聴できますので、 

 

上記の「パワーバランスのチェックの仕方」を参考に、 

 

是非、体感してみてください。

 

 

 

 

※尚、この音源はコピーが出来ないため、スピーカーを通して再生された音を、

 

 動画として録音しております。

 

 動画にすると音が圧縮されるため、本来の音質とは異なります。

 

 パワーバランスをお試し頂くために、この仕様となっております。 

 

 原盤は、毎日聴きたくなる美しい調和した音源です。

 

 

 太古の記憶Ver.3.0.をもっと      

 

お得にご購入することができます!

 

 

  

 

 

 

「太古の記憶」 作成秘話

 

私達は、以前、 

 

脳が数パーセントしか使われていないと学習しました。 

 

 

もし、神様がいるのなら、 

 

もっと効率のいい脳を造っている筈だ。 

 

色々な脳の機能の扉を開ける「カギ」がある筈だ。 

 

と思っていました。

 

 

 

その「カギ」が、周波数ではないかと研究し、 

 

その周波数を特定し実験してきました。 

 

ただ、建物の玄関と各部屋の「カギ」が全て違う様に、 

 

脳や体の臓器と合致する周波数はそれぞれ微妙に違います。 

 

 

 

20年の研究・実践で、

 

調和の周波数から始まり、

 

瞬間的に生死を分ける時に必要な 

 

火事場のバカ力を出す周波数まで 

 

色々な特定周波数をCDに組み込みました。

  

  

 

普通、CDは可聴範囲と同じく 

 

20ヘルツ〜2万ヘルツしか収録できません。

 

 

 

可聴範囲以外の周波数に関しては、 

 

倍音等、色々な手法でCDに組み込むことに成功しました。 

 

 

 

人間は元来動物です。 

 

動物にとって生死を分ける問題が生じた時に出る、 

 

この火事場のバカ力の様な能力は、 

 

人間に備わっている一番大事な潜在的な力です。

 

  

 

現在、この特殊CD発売以来(※バージョンアップ以前より数えて)、

 

1200人以上のお客様が購入されました。 

 

色々お礼の報告も多数来ています。 

  

 

 【お客様の体験談をご参照下さい。⇒】

 

 

そこで、 

 

1人の例外もなく、

 

喜ばれていることがあります。

  

それは、“集中力の維持” です。

 

 

 

 学生さんであれ、社会人であれ、 

 

何かの試験に合格するには、 

 

限られた時間に効率良く勉強することです。

 

 

 

その成功のカギは、

 

“高度な集中力の維持”

 

にあります。

  

これは誰でも手にすることが出来ます。

 

 

 

 

その秘密は、α波にあります。 

 

α波の周波数帯(7.5ヘルツ〜13ヘルツ)の

 

ある周波数が、 

 

最大のα波の機能を出します。 

 

 

 

最大の機能とは

 

“集中とリラックス”です。

 

この状態を同時に引き出し、維持させます。

 

 

 

だから疲れなく、長時間維持出来るのです。

  

これは神から与えられた人間の脳の最大のシステムです。

 

 

 

 この特殊CDの名前を、

 

「太古の記憶Ver.3.0.」

 

と名付けました。

 

 

 

あまり使っていない 遺伝子を ON にして、

  

太古からある誰でも持っている能力、 

 

才能、 自然治癒力 を呼び起こしたい 

 

と願って付けられた名前です。

 

 

 

 

 

 

 

 


聴くサプリ、聴く治療器

 

太古の記憶Ver.3.0.

 

 

 

 

<太古の記憶Ver.3.0.の三大特長>

 

  

(1)脳の神経細胞にいい25kHz以下の特定周波数を 

 

 倍音という最先端手法で組み込んだCDです。

 

 

(2)NASAによって発見され、特定された健康有効波という 

 

 テラヘルツ波を転写(印加)したCDです。 

 

 

(3)調和の波動入りなので、 

 

 事務所やサロン、介護施設等で使うと、 

 

 その場の雰囲気が良くなり商談もスムーズです。

 

 

 

 

このCDで、 

 

病気を治したいと思われる方も 

 

多数いらっしゃると思います。

 

 

唯、軽い症状や病気の予防の方は問題はありませんが、 

 

脳に腫瘍が出来ている方や、 

 

心臓にペースメーカーが入っている方の場合、 

 

CDが効き過ぎる場合があります。

 

 

 

(これは、このCDにはいっているテラヘルツ有効波により

 

免疫が上がり過ぎる事から起こります。 

 

この波動は心拍数が変わらずに、 

 

血液量が2倍〜3倍上がります。

 

 

 

普通の人には血流量が上がるのは良い事ですが、 

 

血流がゆっくり流れるのが普通になっている 

 

体の悪い人にとって、 

 

バランスが壊れる事によるショックです。)

 

 

 

 

※尚、このCDのコピーは法律上禁止されていますが、

 

 コピーしてもテラヘルツはコピーできませんので、効果はありません。 

 

 

 

※また、40kHz以下の脳に良い周波数は、コピーすることでピークがズレますので、 

 

 その効果については、責任を持ちません。

 

 

 

 

 太古の記憶Ver.3.0.をもっと      

 

お得にご購入することができます!

 

 

 

 

商品詳細

商品構成 音楽CD 1枚(トールケース入り)

他の写真

  • ◎ヘッドホンで・・・
  • ◎パソコンで・・・
  • ◎コンポやCDプレーヤー等で・・・
    ◎お車のカーオーディオで・・・




    ※旧式のオーディオ、CDプレーヤーでは再生できない場合もございます。